Web
Analytics

ことりのしあわせ時間 ♪  

楽しく貯金・本質的に良いものと幸福感重視・しあわせ追及に余念のないロスジェネ世代の人によるブログ

おもしろい【 落花生 】ピーナッツ見えたよ プランター栽培です

ごきげんよう、ことりです。

あまりにすくすくと育ちすぎて、

心配いらずの落花生(ピーナッツ)

Twitter発信は一度しか登場していません🥰

 

この記事でわかること

✅現在の落花生のプランター栽培のようすがわかります🎵

 

目次

 現在のようす

f:id:kotori325:20200818163214j:plain

状態

  • 黄色い花は咲き終わり、見た感じ、ただ葉っぱが生い茂っています( ´∀` )
  • 落花生は、土の中にできるので、どうなっているか不安ですね!

経過

  • 苗を税込み50円という、驚愕価格で購入後、6月中旬定植
  • 2020.7.10頃、花💛は見ごろを迎えました。
  • 病歴なし たぶん 
  • 定植後は、水やり以外放置!

 

花が咲いたよ、こんな花です

 

 

 

花が咲き、受粉すると、

枯れた花の付け根からしぼうへい(子房柄)

が土に向かって伸びて土に潜り実が育っていきます。

 

苗が税込み50円だったのと、

国産落花生は買うと特に高いので、花

が咲くとゴールの一部が見えてきた感じがして、

本当にうれしいです⭐

マメ知識(だじゃれじゃないよ笑☆落花生はマメ科です)

らっかせいは南米のアンデス原産で、16世紀の新大陸発見後、世界に広まりました。
日本では、明治7年に政府がアメリカから種子を導入し、栽培を奨励しました。
なお、それに先立ち明治4年に横浜の中国人から入手した種子で栽培が始まり、その後、千葉、茨城、静岡、鹿児島などで栽培されるようになりました。

現在、日本の主な産地は千葉、茨城、神奈川などで、生産量の8割弱が千葉県、1割が茨城県でこの2県で全国の生産量の9割を占めています。

    出典:一般財団法人 全国落花生協会

日本での、栽培の歴史は浅いんですね!

 

栄養面では、ビタミンEが多いので、

活性酸素の除去・抗酸化作用が期待できそうですね。

食べ過ぎなければ、肌に良さそう😄

ターンオーバー機能が向上するってことだし⭐

 

あとは、カリウム、カルシウム、マグネシウム、も豊富…!

など、お悩みをお持ちの方のお役にも立てそう⭐

アレルギーがなければ、

積極的におやつにでも少量で良いから

取り入れたいですね!

 

早く食べたいです。

 

実が見えたよ(ダジャレじゃないよ笑)

f:id:kotori325:20200818173302j:plain

くだらない、昭和ダジャレがさく裂してしまいました。

保育園だと、子どもたちにめちゃウケるのですが ←元保育士

 

赤〇のところ、見てください~!

みどりいろですが、が出てますよね。

 

安否確認ができましたーーーー

じゃないです、このまま放置は危険とわかりましたので

ちゃんと、おフトンかけました(土)🤣

 

まとめ

こんなにてきとうでも、

毎日収穫がほかのプランター栽培野菜とともに、

多分10月頃までできると思います。

土地が狭いので、足りない分は宅配で

わたしの生活は成り立っています~

 

栽培にチャレンジするのもオススメです。

プランターはちゃんとしたのを

最初に購入すれば、15年は使えています。

 

受け皿もあると、留守するのに便利です。


このたびも、最後までお読みいくださり、ありがとうございました

 

💚ぽちっとしていただけると、最新のランキングが見られます💚

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村